スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノの展示

ショールームでのピアノの展示の仕方。
お店によっていろいろなのですが、特にアップライトピアノの展示の仕方。

通常ご自宅でお部屋に設置するときアップライトピアノはほとんどピアノの背中を壁につけるように置くと思います。
アップライトピアノの音は背中側に多くが発音され、壁に反射して演奏者の耳に聞こえてきます。
もちろん直接聞こえる音もあるのですが多くは壁の反射です。
そのため壁の材質によって音色が変わります。

ショールームでのアップライトピアノの仕方も当社では壁に背中をつけるように展示をしています。
こうすることにより、少しでもご自宅での音に近づけようと考えています。
20140204091019.jpg


よく壁際にではなく2台のアップライトピアノの背中同士をあわせて展示しているところも多いのですが、そうすることにより多くの台数を展示することが可能となります。そのかわり背中側に出る音のせいでもう一方のピアノも響かせることになり、本来のそのピアノの音色と変わってしまいます。より響くように聞こえます。

ショールームで良く響いて聞こえるのは良いのですが、実際お部屋に置かれると「あれ?こんな感じだったかな?」って感じてしまうことも・・・。

少しでも本来の音色を聴いていただくために・・・。小さなこだわりですが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。