FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金に輝くC.BECHSTEIN

すでにネット上のニュースや新聞でご覧になった方も多いと思いますが、ベヒシュタイン社が創業160周年を記念して黄金に輝くグランドピアノ「モデルCB B 212」を制作しました。


(以下、ベヒシュタイン社のプレス・インフォメーションより抜粋)

世界でおそらく最も高価なグランドピアノが、バロック風豪華の中で絵画的な響きをまとう
ベルリン、2013年3月20日:C.ベヒシュタイン社は創業160周年を名品で飾る。ピアノ職人と芸術家たちは、きわめて高級な材料を用いて、華麗な装飾をまとう楽器を生み出した-これこそ、きわめて伝統に富み、同時に現代の先端を行くドイツの工芸品の「贅沢の粋」である。

王侯のオーラがこのグランドピアノをと入り巻いている。その音響体の周囲を、贅沢に黄金をほどこした金銀線細工の木彫品、そして優美な絵画「ア・ラ・ワトー」が輪舞を舞っている。しかしながら、ルイ15世様式のこの高価な衣装の下には、C.ベヒシュタイン・ブランドの若々しい心臓が脈打っている。このサロン用グランドピアノである「モデルCB B 212」は、音響と技術の面における現代的な傑作であり、プロ音楽家の求める最高の要求をかなえてくれる。


実物を実際に目にすることはおそらくないと思いますが、どんな音がするんでしょうね。
ベヒシュタインのクリアな音色とこれ以上ない優雅さ。その音色も聞いてみたいものです。


LouisXV_side_view_convert_20130326182446.jpg

LouisXV_OvidGallery1_convert_20130326182509.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。