FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画の舞台

昨日は岡山県高梁市へ調律に行ってきました。
コンビニ弁当を片手に立ち寄ったスーパーの駐車場。
岡山では有名な天満屋ハピーマートです。
天満屋といえばいまでは女子マラソン、駅伝の名門チームとなっていますが、岡山では古くからある百貨店です。

この高梁のお店は以前織田裕二さん主演の映画「県庁の星」の舞台になったスーパー。
映画の中では「満天堂」という名前で、その時の看板が二階フロアーに飾ってあります!

DSC_0924.jpg

横には映画のロケ地となった説明も。

DSC_0925.jpg

この高梁市では「県庁の星」以外にも、あさのあつこさん原作の「バッテリー」や寅さんでおなじみの「男はつらいよ」など結構ロケ地になってますね。

今回のこのスーパーが選ばれた理由が「山を感じさせる周囲の雰囲気や店内の構造、バックヤードの広さが監督のイメージと一致したため」ということだそうです。確かに周りを山に囲まれ、市内を高梁川がゆっくりと流れ、なかなか良い雰囲気の街です。

城下町「高梁市」ゆっくり歩くのも良いかもしれません!


で、映画の満天堂、実際の天満屋。天満をひっくり返して満天にしたのでしょうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。